ホーム > 就職 > 30歳からの就職は難しいが無理じゃないぞ

30歳からの就職は難しいが無理じゃないぞ

あなたは、フリーターで生活していますか?

フリーターは、将来のことを考えると不安定です。

また正社員は、30歳を過ぎてしまうと就職が難しいのです。

今回は、30歳までに就職する必要性や対策法に迫っていきます。

就職は30歳までにしなければいけない

あなたが、今フリーターを続けていているのなら、今すぐ就職活動をすることをオススメします。

フリーターは、20代の若いうちであれば自分の好きな時間に働けて、高い給料稼いでいるかもしれません。

同世代の正社員と比べると、働いて夜遅くまで残業をしても給料は、フリーターの法が高いこともあります。

ですが、フリーターのまま30、40代のなっている自分を想像してみてください。

何が一番変わるかというと、年齢を重ねるごとの体力が衰えてきます。

そうすると、今のようには無理をして働けなくなることが多くなります。

しかし、生活するには働かなくてはいけない…

病気でもしたら、もっと生活が苦しくなる

フリーターの場合、給料もほとんど上がらないのです。

一方、正社員は年々給料が上がっていきやすく、病気で入院になっても給料の何割かは出ます。

あなたの頑張り次第では、上のポジションに行くことが十分可能です。

フリーターと正社員に最大の差は、生活の安定さです。

将来のことを考えると、正社員になることをオススメします。

正社員は、30歳までしか就職しないと難しくなります。

30歳になると同世代は、仕事を教えたり管理するポジシンについていることがあります。

そんな中、30歳で未経験の人だと、教えるところがからのスタートになります。

教えるコストが高くなって無駄と考えられ、さらにプライドが高い人も多いのです。

自分のやり方を曲げない人や、言うことを聞かない人などです。

だから、30歳を過ぎると就職が難しいのです。

20代であれば、未経験ではありますが面接で熱意ややる気をアピールすることで就職することができます。

でも、就職は若ければ若いほど有利に変わりはないので、できるだけ早く就活することをオススメします。

面接に自信がないあなたは、就職支援サービスを使ってみることをオススメします。

就職に不安なあなたには、就職支援サービスがオススメ

就職支援サービスは、20代の特化した正社員で就職できるサポートしてもらえます。

一人一人に、専任の就職コンサルタントがついてあなたに合った練習ができますよ。

コンサルタントと二人三脚でやるので、分からない、不安なことはすぐ聞くことができます。

面接対策では、どうやってアピールしたらいいのか、質問の答え方などアドバイスをしてもらえながら練習を積み重ねることができます。

だから、正社員で就職できる可能性が高くなるのです。

あなたも、今フリーターをしているなら、将来のことを考えて就職支援サービスに相談からでもいいので言ってみてくださいね。

30歳からの就職は難しいけど・・・20代ならフリー多から正社員で就職することが可能性ですよ。